癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
旅館でアロマ
アロマは洋のイメージが強いかもしれませんが
和の雰囲気にも自然に調和します。

今回、旅館の客室でアロマを楽しむために
アロマベッセルというアロマ専用の器を
使っていただきました。

どんな感じになったかというと・・・





 黒い漆塗りのお皿の上にアロマフレグランスとセットにしていただきました。
 (お皿は本漆塗りに金で蒔絵が入っています。)
vessel-2.jpg



神奈川県の湯河原温泉旅館 『ふきや』さんで
アロマベッセルとアロマフレグランスの
セットという形で使っていただきました。

私自身は『ふきや』さんには行ったことはないですが
インテリアなど非常にこだわりを持って選んで空間を
作られていると聞いていまして、ホームページを
拝見してもそれが伺えるような素敵な旅館です。

今回、『ふきや』さんでの香りのコーディネートで
アロマベッセルを使っていただくことになったのは
京都市内で森田メソッドアカデミーというスクールと
MISTというサロンを運営されている森田益美さん
という方からお話をいただいたことでした。

森田さんは今のようにアロマが一般的ではなかった
時からアロマのお仕事を先駆けて始められた方で
今回旅館のオーナー様や女将様と一緒に香りの
コーディネートをトータルで手がけられました。

その中でアロマベッセルを採用していただいた形です。
アロマベッセルとセットのフレグランスは森田さんが
旅館のイメージに合ったものを独自で作られました。

アロマベッセルを香りによるコーディネートで
選んで使っていただき、アロマの世界がまた
広がったことを実感させていただいたように思います。

【2008/09/27 18:05】 | 香りの効果 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<理想の空間 | ホーム | 製作現場を見る理由>>
コメント
素敵です。
このような旅館に宿泊してみたいですね。
湯河原の『ふきや』、インプットしておきます。

【2008/09/27 19:46】 URL | 風うたい #0MM3Ak76[ 編集]
こんばんは。
森田さんとお仕事されてるのですね☆
よく考えれば京都とアロマで共通があればお知り合いでもおかしくないですよね♪
森田さんには長年お世話になってます(^^ゞ
【2008/09/27 19:50】 URL | 迦楼羅 #-[ 編集]
とても素敵な組み合わせですね。

私は昔ながらの和風な旅館が好きです。
そういう旅館の畳の香りや木の香りもいいけれど、お部屋に通された瞬間にアロマの香りが漂ってきたら、もっと感動してしまうだろうなぁと思います。

行ってみたくなりました。
【2008/09/27 22:41】 URL | まー #-[ 編集]
湯河原は割と近いので「ふきや」さんを覚えておきます
また、別のところに泊まった際はアロマベッセルとグレープフルーツオイル・・・持参します(笑)
【2008/09/28 19:32】 URL | ほろ酔い職人 #-[ 編集]
風うたいさんへ
そうですね。
ホームページを見ても雰囲気の良さが
伝わってくるように思います。
ゆっくりくつろいでみたいです。
【2008/09/28 20:19】 URL | キョウ #iqGKCwmE[ 編集]
迦楼羅さんへ
今回の件で森田さんと初めて
お会いしました。
迦楼羅さんは森田さんとお知り合いだったんですね。
意外なところでつながっていてびっくりです。
【2008/09/28 20:23】 URL | キョウ #iqGKCwmE[ 編集]
まーさんへ
ありがとうございます。
そうですね。
季節に合う爽やかなアロマの香りが
空間に漂っていると、より心が嬉しく
なりますね。
【2008/09/28 20:26】 URL | キョウ #iqGKCwmE[ 編集]
ほろ酔い職人さんへ
ふきやさんの場所は割とお近くなんですね。
グレープフルーツの香りも良いですよね~。
私もよく使っています。
【2008/09/28 20:29】 URL | キョウ #iqGKCwmE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyoshi.blog51.fc2.com/tb.php/255-cbad4887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する