癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
夢を追うこと ~風林火山より~
先日、NHKの大河ドラマ「風林火山」も
最終回となりました。
このドラマの平均視聴率は18.7%で、昨年の
「功名が辻」の20.9%に及びませんでした。

私としては珍しく毎回ほどんど最後まで
見続けたドラマだったのでその結果は
意外でした。

でも配役は舞台俳優中心で地味だったことを
考えると結構良い数字で本当に内容勝負の
良いドラマだったと思います。

ところで、最後のシーンでのナレーションの
言葉が印象的でした。
その言葉とは・・・





「夢を追う者は、その夢の果てしなさを知るのである。
見果てぬ夢を追う者は、永久に咲き誇る一輪の花のごとし・・・」



本当に意味深く感動的な言葉だと思います。

思えば、このドラマは最後まで誰一人とヒーローは
存在しなかったように思います。

存在したのは、人生のはかなさとその中で
生き抜こうとする人の営みだったように思います。


川中島の戦いで、主人公の武田軍の軍師・山本勘助は
上杉軍の軍師からこう言われました。


「一国を滅ぼしてまで何のために戦うのか」


山本勘助は「それは生きるため、愛するものを
守るため」とつぶやきました。

越後の国の向こうには海があり、その海の道を
手に入れれば天下への道が開ける。
これは若かりし頃に、武田信玄とお互いに夢見たこと。

夢を実現するために越後の国の上杉軍と戦うことに
なったわけです。


一人の人間の夢。


一国を滅ぼし多くの血を流すことになるが
その先には大きな夢の実現がある。
しかし、現実はそれを許しませんでした。

一人の人間の夢を実現するために多くの人が泣き、
多くの人が苦しむ、そんな人の夢に神は涙を流し
実現を阻みました。


自分の夢を追い続ける時、その夢の先にいる人たち
にもまた夢があることを決して忘れてはいけない。


私はそれがこのドラマのメッセージだったように
感じました。
【2007/12/22 16:21】 | 日記その他 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<アロマランプ「ほのか」の全容 | ホーム | アロマランプ企画開発の舞台裏>>
コメント
私の周りの人たちも「風林火山」にはまっている人がたくさんいました。
私自身はときどきしか見ていなかったんですけれど。
夢を追うことって奥が深いんですね。
でも、追う夢がある人生は、幸せな人生だと思います。あきらめず、夢を追っていきたいな。
もちろん、他人のことも忘れずに。
【2007/12/22 20:41】 URL | ネロリ #-[ 編集]
夢を追うことは、その大きさの大小に関わらず
行くていく糧であって、その人の生き様なんだな、と感じています
独りで生きられない以上、自分の生き方に
周りの人のことも巻き込む
だからこそ、自分がいつも上を向いて
幸せな気持ちでいたいです

キョウさんはとても素敵なアロマランプを
手掛けたり、夢を叶えていらっしゃいますね、スゴイなあ
私は、人を癒していける仕事を続けることが、夢なんです

 
【2007/12/23 02:01】 URL | ちぃ #-[ 編集]
今の時代、夢を持って、その夢にむかって
頑張り続ける気持ちや努力をしているだけで
羨ましいし、凄い事だと思います。
そして、側によき理解者がいてくれると
さらに頑張れる!!

夢は果てしなく大きく困難や壁、大波が
待ち構えてると思いますけど、
いつでもいつまでも夢を持ち続けて
いたいですね~
【2007/12/23 08:03】 URL | ミィ #-[ 編集]
ネロリさんへ
そうですね。
夢を持ってそれに向かって頑張っている
人は幸せだと思います。
夢におぼれ過ぎず落ち着いて進むことも
大切かもしれませんね。
【2007/12/23 21:01】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
ちぃさんへ
ありがとうございます。
そうですね。
夢の大きさは人それぞれで、一つ一つが
すばらしいものだと思います。
ちぃさんの人を癒していく夢は
多くの人を幸せにすると思うので素敵ですね。
【2007/12/23 21:04】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
ミィさんへ
そうですね。
理解者や仲間がいるとさらに
楽しくなるし、夢の実現も現実的な
ものになるでしょうね。
孤立せず、夢を共有していくことも
大切だと思いました。
【2007/12/23 21:07】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyoshi.blog51.fc2.com/tb.php/219-7f5269e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する