癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
泥の河に浸かった人生
泥の河に浸かった 人生も悪くはない

一度きりで 終わるなら


(THE REAL FOLK BLUES:山根麻衣)





ずいぶん寒くなりましたね。

11月後半のこの寒さはなんとなく
寂しい気持ちになりますが、
それがまた良いです。


「心の琴線に触れる」


心の奥底にある感動し共鳴する微妙な心情を
意味する言葉ですが、この言葉を特に実感
できるのが今の時期のような気がします。

音楽と映像と季節が重なって心に共鳴する
ことってありませんか。


先日からずっとこの音楽と映像にはまってます。
女性が倒れるシーンは風景とか含めてかなり
悲しくて美しいと思います。

倒れるのに美しいっていうのは変ですけど
たぶん、この製作者の思惑どおりに感動
させられてしまっているみたいです。




◆おすすめの和モダンなアロマ:薔薇(ローズAbs)




【2007/11/22 20:49】 | 和モダンなアロマと音楽 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<京都・南禅寺南陽院で「華」初お披露目 | ホーム | 京都・京呉館(石塀小路店)>>
コメント
確かに見入ってしまいました。
この時期だからこそやりたいコト、聴きたい曲、見たいモノ、食べたい物、旬を大事にしたいですね。
【2007/11/22 22:47】 URL | くるま姫 #-[ 編集]
秋から冬にかけて、心が沈むこともあります。
でも、この映像を思い出すとかっこいいです。

沈んでるのも絵になりますね。
冬になると、なぜかまた心が浮かびます。
どんな季節でも絵になる大人になりたいものです。
【2007/11/22 23:08】 URL | 織部 #EJe3NVFM[ 編集]
ちょっと話がそれますが…

今中国語の四字熟語で「扣人心弦」という言葉があります。
「人の心を感動させる」という意味です。

なんとなく字を見ると、心の弦に触れて、響かせるような意味が分かりますよね。

秋はしっとり、静かな時間を過ごすのも魅力のひとつですね。
あっという間に冬のように寒くなりつつありますが。
【2007/11/23 01:11】 URL | まー #-[ 編集]
くるま姫さんへ
そうですね。
秋に味わえることを思いっきり満喫したいですね。
【2007/11/24 17:57】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
織部さんへ
そうですね。
この時期は何かもの寂しいですね。
12月にはまた気分が変わったりも
しますね。
【2007/11/24 17:58】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
まーさんへ
中国にそのような言葉があるんですね。
もしかすると心の琴線もそこから
来ているのかもしれないですね。
【2007/11/24 17:59】 URL | 京司@管理人 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyoshi.blog51.fc2.com/tb.php/212-2e171dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する