癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
一人でも反対する勇気

兄を討ち取るような国ならば、滅びたほうがよいだろう



戦国時代は武将たちが兄弟で殺しあうことも当たり前の時代でした。

そのような時代に、上杉謙信は兄を討つのは「義」のないことであり、
武将として義のないことはしない、という美学を持っていました。
そんな美学に欠ける国なら自国であっても滅んだほうが良いと。


この姿勢、美しすぎ・・・


時代背景に惑わされることなく、それが間違っていると
一人でも貫き訴え続ける姿勢。


私利私欲を満たすために、誰かが泣き、誰かが犠牲に
なるようであれば、いっそなくなってしまったほうがいい
のかもしれません。
これは仕事をやっていく上で持つべき美学だと思います。


特に組織の中で働いている方は、何か違和感を持ちながらも
上からの命令ということで、遂行してしまうことが往々に
してあると思うんです。
そのために誰かが被害をこうむったり、誰かが犠牲になったり・・・


また、命令どおりしていたことが実は、会社ぐるみの
犯罪だったりするというケースも増えていますね。
もっと大きくいうと国の考え方自体が間違ってしまう
こともあります。


最近、思うんですが、当たり前だと思っていることでも実は
みんなが間違っている方向に進んでいるときがあると思います。


そういうときでも、一人でも反対することは大切な気がします。
また一人でもまじめに反対している人の声に耳を傾けてみる
姿勢も大切だと思います。


何でも反対するのがよいとは思いませんが、犠牲を出してまで
利益を追求するような組織なら滅びてしまえばいい、という
過激とも思えることですが、たとえ一人でも反対する勇気、
そういう美学が求められる時代だという気がします。


今日のNHK「風林火山」はガクトさん演じる上杉謙信(長尾景虎)が
出てくるシーンが多くなるようです。
謙信の美学にまた感動の嵐となりそうです。

ちなみに今回は選挙のため19:15分からの放送だったと思います。


風林火山オープニング他

【2007/07/29 03:00】 | 日記その他 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ギリギリchop | ホーム | 地震で明らかになった原子力発電所の実態>>
コメント
本当にそうですね。勇気をもっている自分でいたいです。私は介護業界に身を置いているので、経営として成り立たせないといけないことと、福祉の心の間で、苦しい思いをすることが結構あります。幸い、うちの会社は悪徳なことはしていないと信じていますが。
何かあったときには、一人でも声をあげる自分でいたいと改めて思いました。
【2007/07/29 16:26】 URL | ネロリ #-[ 編集]
はい、今日の‘風林火山’はガクトさんいっぱい出ましたね!!
大河ドラマから学ぶことって多いですよね!
現代人が忘れかけてる物を思い出させてくれる・・そんな気がします。
【2007/07/30 01:32】 URL | まっちん #-[ 編集]
なんか、最近ミクから離れていて・・久々に読んだ日記でキョウさんのペ-ジにとび・・・

いい話を聞かせていただきました。

難しいですよね。

ぶっちゃけ、小さいけど・・・
こんな世の中で「自分の家族を路頭に迷わさないように、あくせく働いている主人」は、それはそれで尊敬ですし。

全てがまっとうになってないからこそ、バランスが取れてることも多々あるでしょうし。

その昔。
長を守る為に、家系すべてを・・意志の無い赤ん坊まで・・投げ打った人たち・・・その「長」がどんな人間かも知らずにね。。。。

そう考えると・・・武士の心は、究極の美学ですね。

現代には現代の・・・と共に、少しでも心の奥にこんな強さがあったら。。。
もっと世の中がちがうんだろうな。。。
【2007/07/30 12:33】 URL | ゆぅか #-[ 編集]
ネロリさんへ
介護の世界も利益なし存続していくことは
難しいですが、介護を必要としている人が
お客様になるので、より一人一人のモラルが
重要な業界かもしれないですね。

【2007/07/30 20:38】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
まっちんさんへ
まっちんさんも風林火山見られたようですね!
大河ドラマは今の社会に必要なことが
ストーリーに詰め込まれている感じで
本当にためになりますね。
【2007/07/30 20:40】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
ゆぅかさんへ
良い話と言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます。
おっしゃるように、すべての根底には自分と
自分の家庭があると思います。
自分や自分の家庭を守るために、他が犠牲に
なってもよいという考えだと、戦争を繰り返した時代と
同じだと思うんですよね。
自由競争に時代に変化している今の日本において
自分の欲の実現のために犠牲はないか
その欲が行き過ぎたものではないか、
常に意識して生きることができればと思います。
【2007/07/30 20:49】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyoshi.blog51.fc2.com/tb.php/172-a2f17cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する