癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
夫婦が断ち切るべきもの
今年4月の離婚件数が急増していたことが分かりました。
その原因は・・・





(以下引用)

今年4月の離婚件数は2万3355件と昨年同月に比べ6.1%、
1349件増えていたことが、厚生労働省が発表した人口動態統計の速報で分かった。
前年同月と比べて離婚件数が増えたのは昨年3月以来1年1カ月ぶり。
厚労省は「4月から始まった離婚時の年金分割制度が影響しているのでは」とみている。

(asahi.com)



お金は生きていく上でなくてはならないものですが
離婚予備軍が年金分割制度開始を待っていたかのような
結果には何か悲しいものを感じますね。



今後もこの傾向は強くなっていくような気がします。



今の時代、離婚は特別珍しいことでもなくなりましたが
その理由は価値観の変化だけでなく、戦後から続いている
少子化が影響しているように思います。


私は30代ですが、この世代は2人兄弟が多く、
3人兄弟だと兄弟が多い部類に入ってくるように思います。


もっと若い世代は一人っ子の割合はもっと多くなるんじゃ
ないかと思います。


そのように多くの家庭では2人、もしくは1人という
ほとんどが長男長女の世の中です。



ここに離婚の原因が潜んでいるように思います。



少子化によって、親子の結びつきが過剰に強くなり、
それが新しい家庭を築くことへの障害になっている
傾向があると思うからです。


仲が良いだけなら良いですが、親子依存の関係に
なっていると、親と離れて不安、子供と離れて寂しい
という気持ちが過剰に芽生えてしまうと危険です。


そうなると、俺の家ではこうだったとか、私の家では
こうだったとか、そんな考えはあり得ないとか何かと、
自分の実家での価値観で言い争ってしまうことになります。


そこに子供が結婚して実家を離れたために寂しくなった
両親が自分の子供の肩を持つように介入すると、もう大変。
たとえ電話だけであったとしても。



結婚すると、想像している以上に両親の言葉の
影響が大きく感じられることがあります。


少ない兄弟の中で育ち、両親との相互依存関係は
きっと無意識に出来上がっていくのだと思います。


そんな両親の言葉が心地よく、パートナーの言葉以上に
信頼してしまうことが、夫婦お互い無意識に起こって
しまっていることも少なくない気がします。



新しい家庭を築いて幸せになるためには、その親子依存を
断ち切ることが何よりの近道なわけですね。
もちろん親子断絶という意味じゃないですので。念のため。



なんとなく不思議なことですが、良い意味で両親と心理的な
距離を置き、「自分には戻る場所がない」と夫婦お互いが思った
瞬間から、幸せの方向に進み出すのではないかという気がします。


少子化の今の世の中では、昔でいう「結婚したら実家には戻れない」
「結婚したら実家には戻ってくるな」という意識が、夫婦そして
夫婦の両親ともに必要なのかもしれませんね。

【2007/06/21 18:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<アロマを自分だけで楽しむ方法 | ホーム | ガクト上杉謙信がいよいよ登場!>>
コメント
とっても共感できますね。
今、姉妹のような母子とか
一卵性親子、などが
どんどん増えているように思います。

私の家に小学生がいますが
今の段階でも、絶対、親離れ、子離れ
できなくなるだろうなあと想像できるひとが
たくさんいます。

私の義姉でも、実家から
いわゆる「スープの冷めない距離」に
住めないようでは「離婚」とはっきりいってました。

子供にとって「ここちのよすぎる家」というのは
いいような?悪いような?と最近考えてました。

バイオリニストの高嶋ちさこさんは
「子供のころ、家の中が殺伐としてたからか、今
優しい旦那さまとすごせて、とってもしあわせ」
といってました。
私も家が厳しかったので、早く家をでて自由になりたいと思ってました、なので自由にやってる今は本当に楽しいです。
今となっては、厳しくしてくれた親に感謝してます。
【2007/06/21 21:05】 URL | Sherry #-[ 編集]
ワタシはひとりっ子。
親子依存の状態にあるように思います。
離婚のときにも多大なる影響があったと思います。

う~ん、考えさせられますね。
【2007/06/21 23:45】 URL | なべきち #-[ 編集]
なんか・・・かなしい人間の性・・・・

欲深きは罪なり・・・???
【2007/06/25 23:33】 URL | ゆぅか #-[ 編集]
Sherryさんへ
そうですね。
確かに居心地が良すぎる環境で育つことは
新しい結婚生活を築く上で障害になることもありそうですよね。
また親子の仲が良いのはいいですが度を過ぎると結婚生活で
何かと問題が出てくる気がします。
両親との関係で、適度な厳しさ、適度な距離感で育つことは、
逆に人生の上では幸せなことなのかもしれないですね。
【2007/06/28 19:58】 URL | 運営者@京司 #iqGKCwmE[ 編集]
なべきちさんへ
一人っ子は親からの愛情を全部受けますね。
でも、必ずしも一人っ子が過保護に育てられた
とは言い切れないと思うから大丈夫ですよ。
【2007/06/28 19:59】 URL | 運営者@京司 #iqGKCwmE[ 編集]
ゆぅかさんへ
そうですね。
すべてを満足させようと思うのは難しくて
やっぱり何かを捨てないといけないことも
あるのでしょうかね。
【2007/06/28 20:01】 URL | 運営者@京司 #iqGKCwmE[ 編集]
はじめまして・・・
なので、初コメントです。

本文に関係ないけど、ここの雰囲気すごく和みますね
最近の私に足りないものです、きっと・・・

私も親に依存されて、反対に子供には一切依存する気はありません。
親には親の、子供には子供の人生があるもん。
自分で歩けなきゃ、親が死んじゃったらどうするの?
だから冷たいって思われても、私は子供を突き放します。
いつも助けられる距離で見守ってます。

いつかはそれが私流の愛情だって気付いてもらえると信じて・・・
だって私は一人で子供を守らないといけないんだし、
毎日いっぱいいっぱいで生きてるから。

あ~「愛」が欲しい。。。
【2007/08/01 00:56】 URL | マチャ #-[ 編集]
マチャさんへ
コメントありがとうございます!
時には子供を抱きしめ、時には距離を置いて
離れたところから見守っている。
こういうのが理想的だと思います。
マチャさんの考え方は、きっと将来的に子供を
幸せにできる考え方だと思いますよ。
お一人で育てていらsっしゃるようですが
あまり無理しすぎないでくださいね。
【2007/08/01 03:56】 URL | 京司@管理人 #iqGKCwmE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyoshi.blog51.fc2.com/tb.php/162-83f713ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する