癒しの香りfrom京都
癒しの香りHomepage 代表者Facebook
本来の「おもてなし」の意味
新緑の良い季節になりましたね。

先日、読売新聞を読んでいたら、炭屋旅館の女将の取材記事が
載っていました。

最近、「おもてなし」という言葉ばかりが表に出ている感が
ありますが、多くは本来の意味とはかけ離れているように
思います。

「お客様に迎合すること」、「豪華絢爛に演出すること」、
「マニュアル化すること」、これらは本来の「おもてなし」
ではないというのが、記事を読んでいて伝わってきました。

私自身、3月半ばにこの旅館での和の香りの文化イベントをさせて
いただいた際に、伺って女将とお話させていただきました。

その時に炭屋旅館や女将の雰囲気から感じたことはやっぱり
そうだったのかと納得できる記事の内容でした。

炭屋旅館は御三家と呼ばれる3つの旅館の中で、他の2つの
旅館と異なり、独自の閑雅な雰囲気があります。
一方、女将をはじめ、この旅館を切り盛りする人たちからは
伝統を守る誇りと力強さも感じられます。
また、京都一と言われる本格的な日本料理からは
受け継がれた京都の真の料理人の技と心が感じられます。
すべてがシンプルですが、圧倒的なものを感じさせられます。

一度、宿泊した方々が数年経って「また炭屋旅館に泊まりたい」
「両親など大切な人を連れていきたい」と思わせ、秘めたる力を
持っている唯一の老舗旅館と言っても過言ではないですね。

炭屋旅館には、京都の文化、誇り、日本で暮らす人の心の
原点として、いつまでも残っていてほしい、という思いが
自然にこみ上げてきます。

【2014/05/06 18:17】 | はじめに | トラックバック(0) | コメント(0)
癒しの香りfrom京都


和モダンなアロマや京都散策の日記

プロフィール

キョウ

Author:キョウ
和モダンな雰囲気が好きな
京都人です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する